「証券」のつかない証券会社 株式会社One Tap BUY

手数料・コスト・リスクについて

 

米国株

米国株の取引形態

お客様が取引金額を指定し、その金額で売買できる株数を自動的に計算して、その株数をお取引いただきます。その計算式は次の通りとなります。
指定された金額
<日本円>
÷
為替レート
〈1ドルあたり〉
÷
株価(気配値)
〈ドルベース〉
売買できる株数

株価スプレッドについて

上記の計算に使う株価(気配値)は、当社が指定する基準株価に対して、買付・売却の場合にそれぞれ差額(スプレッド)を付けさせていただいたものです。それが実質的にお客様の売買コストとなります。 スプレッドは次のようなルールで付けさせていただきます。
  • 米国株式市場(本市場)が開いている時間
    買いの株価(気配値)
    基準株価
    スプレッド(基準株価×0.5%)
    売りの株価(気配値)
    基準株価
    スプレッド(基準株価×0.5%)
  • 米国株式市場(本市場)が閉まっている時間
    買いの株価(気配値)
    基準株価
    スプレッド(基準株価×0.7%)
    売りの株価(気配値)
    基準株価
    スプレッド(基準株価×0.7%)

基準株価の決まり方

お客様の売買に使う基準株価は次のように決められます。
  • 米国株式市場(プレ・アフター、ECNを含む)が開いている時間:市場で付いている値段を基準株価とします。
  • 上記以外の時間:原則として、直近の市場の終値を基準株価とします。
ただし、当社が持っている株式の在庫水準によって、次に定める範囲内で基準株価を変更することがあります。
  • 当社の株式の在庫が規定の水準から30%を下回った場合:直近の終値+(直近の終値×5%以内)
  • 当社の株式の在庫が規定の水準から10%を下回った場合:直近の終値+(直近の終値×10%以内)
    →在庫が少なくなると、株価を上げて、お客様が売却しやすい方向に変更します。
  • 当社の株式の在庫が規定の水準から30%を上回った場合:直近の終値-(直近の終値×5%以内)
  • 当社の株式の在庫が規定の水準から10%を上回った場合:直近の終値-(直近の終値×10%以内)
    →在庫が多くなると、株価を下げて、お客様が買いやすい方向に変更します。

為替レートのスプレッドについて

上記の計算に使う為替レートは、リアルタイムの米ドル・日本円為替レートに対して、買付・売却の場合にそれぞれ差額(スプレッド)を付けたものとなります。スプレッドは、実質的にお客様のコストとなります。
株式を買う場合のレート(TTS)
リアルタイムの為替レート+スプレッド(35銭)
株式を売る場合のレート(TTB)
リアルタイムの為替レート-スプレッド(35銭)
なお、リアルタイムの為替レートが出ていない時間帯は、直近の為替レートを使用いたします。
※指定金額をドルに換算し、ドルベースの株価で割り算します。
したがいまして、ご指定いただく金額の中に取引手数料は含まれません。
ただし、取引時の株価と為替には、次のようにスプレッド(手数料に相当するもの)を加減した値段を提示しています。

基準レートの決まり方

  • リアルタイムの米ドル・日本円為替レートを使用いたします。
  • リアルタイムの為替レートが出ていない時間帯は、直近の為替レートを使用いたします。

その他

  • 口座管理・保管費用:ありません
  • 現地取引費用:ありません
一般の証券会社では、売却時に現地取引費用がかかりますが、当社ではいただいておりません。

リスク

外国株式等は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により元本損失(為替差損)が生じるおそれがあります。また、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
米国株式等の取引にかかる費用およびリスク等については、契約締結前交付書面などに記載されていますので、当社WEBサイト等(こちら)をご確認ください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うに当たっては十分にご留意ください。
ページトップ▲

日本株ETF

日本株ETFの取引形態

お客様が取引金額を指定し、その金額で売買できる口数を自動的に計算して、その口数をお取引いただきます。その計算式は次の通りとなります。
指定された金額
÷
市場価格
(気配)
売買できる口数

スプレッドについて

上記の計算に使う株価(気配値)は、当社が指定する基準株価に対して、売却時のみ差額(スプレッド)が付きます(買付時は差額(スプレッド)は付きません)。それが実質的にお客様の売買コストとなります。
スプレッドは次のようなルールで付けさせていただきます。
<ETFの取引時間は9:00~14:59です>
買いの価格
(気配)
=
市場価格
売りの価格
(気配)
=
市場価格
-
スプレッド(市場価格×0.3%)

基準価格の決まり方

お客様の売買に使う基準株価は次のように決められます。
  • 市場が開いている時間:市場でついている値段を基準値とします。
  • 上記以外の時間:原則として直近の市場の終値を基準値とします。

リスク

ETFの取引価格、基準価額は投資を行っている有価証券、債券(公社債等)等の値動きによる影響を受け、これらの利益および損失はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、取引価格、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金とは異なります。
また、ETFは指数の値動きに連動することをめざして運用されていますが、金融商品取引所で売買されているために、指数の動きに反応するだけではなく、買いと売りの需給関係によっても取引価格が変動します。その結果、ETFが連動をめざす指数の値動きから乖離するリスクがあります。
ページトップ▲

入出金

  • 当社の指定するみずほ銀行の口座へお振込みいただくと、自動的に証券口座に入金されます。
    また、ご出金は、みずほ銀行からお客様名義の銀行口座への振込みとなります。
  • 入金・出金の際にかかる銀行の振込手数料は、お客様のご負担となります。

銀行においたまま買付®

みずほ銀行に普通預金をお持ちのお客様は、上記振込みをしなくても注文ごとに自動口座振替を行うサービス(銀行においたまま買付®)をご利用いただけます。 その場合の手数料は1回あたり108円(税込)です。
なお、2017年9月末まで手数料はいただきません。
ページトップ▲

その他

口座管理・保管費用:ありません
ページトップ▲
金融商品取引業者 株式会社One Tap BUY 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会