「証券」のつかない証券会社 株式会社One Tap BUY

ニュースリリース

ニュースリリース
2016.10.4
証券業界初「銀行においたまま買付®」提供開始

株式会社One Tap BUY(東京都港区、代表取締役 :林和人)は、株式会社みずほ銀行(東京都千代田区、取締役頭取:林信秀)が提供する即時口座振替サービス「アドバンストデビット」と連携して、銀行預金口座に残高があれば、送金をしなくても株式の購入が可能となるサービス『銀行においたまま買付』の提供を開始いたします。

従来の証券会社では、投資家が自分の銀行口座から証券口座用に送金しなければなりませんでしたが、このサービスでは即時口座振替サービスを利用する事で、みずほ銀行の預金口座に残高があれば、送金作業を行わずに、株式の購入代金の決済が可能です。

決済の仕組み

昨今、フィンテックのテーマの一つに、個人ユーザーに対する決済の利便性向上が挙げられています。証券業界でも他の金融機関との口座連携が活発化していますが、取引の現場にまで踏み込んだサービスはまだ誕生していませんでした。

実際、証券口座への入金を忘れていたり、即時入金の反映がなされていないために、買いたい時に投資ができないといったユーザーの声も挙がっています。 そこで、One Tap BUYの特徴の一つでもある、24時間365日約定の利便性を最大限に活かすのが、この『銀行においたまま買付』です。

画面の流れ

※詳細は「銀行においたまま買付®」をご覧ください。
リリースキャンペーンで2017年3月末まで無料!
この機能を使う場合、通常は1回(1注文)あたり108円(税込)ですが、サービスリリースを記念して2017年3月末までご利用料無料のキャンペーンを行います!

サービスの特徴・メリット

  • 銀行の営業時間外でも、預金口座に残高があれば、24時間365日いつでも投資が可能
  • 証券口座に送金する手間が省け、買付余力不足を心配する必要がない
  • お申込み手続き(初回のみ)もスマホで完結、とってもカンタン!

今後の展望

今回のような決済を含む、「投資の利便性」向上にあらゆる方向から挑戦していきます。徹底的に「投資を身近に」感じてもらえるようなサービスを提供することで、ユーザーの増加を図っていきたいと考えています。

<ニュースリリース一覧に戻る>

金融商品取引業者 株式会社One Tap BUY 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会