「証券」のつかない証券会社 株式会社One Tap BUY

なぜ米国株式か

アメリカンドリームが育つ場所

Apple、Facebook、Amazon、Google、Yahoo…私たちが楽しく、便利に生活をしていく上で、もはや1日も欠くことができないサービスの数々。これらを提供しているのが米国企業です。世界を変えることを志して、Facebookのザッカーバーグ、Appleのジョブズらがほんの2~3人で起業したのはそう遠い昔ではありません。彼らの志を助け、資金面で参加し、アメリカンドリームを育ててきたのが、この米国株式市場なのです。

ダイナミック!世界最大の市場

アメリカの経済規模は2,000兆円を超え、株式市場も3,000兆円を超える水準で、世界の株式市場の約4割を占めています。世界最大規模の米国株式市場は取引高も多く、「売りたいのに売れない…」といった流動性リスクは非常に小さい市場です。
世界の経済規模(名目GDP)トップ5
※出所:IMF予測値2015年 為替は1ドル=119円として換算
世界の株式市場シェア
※出所:The World Federation of Exchanges 2015年2月末

株主の利益・株価重視の米国型資本主義

ROEの推移
※出所:日本取引所グループHP、ニューヨーク大学スターン校HP 上場している銘柄の全体
米国型資本主義は、株主の利益、株価を重視する姿勢で知られています。そんな米国資本主義の心臓を担う市場には、世界中の投資家が注目するのに相応しい国際優良株がそろっているのです。また、米国株式市場に上場する企業は、厳しいディスクロージャーの基準をクリアして透明性の高い経営を行っています。
例えば…
投資家が出資したお金をどれだけ効率的に利用して利益を出したかを判断する指標があります。
これをROE(株主資本利益率)といって、株主の出資分に対してどれだけ利益を上げたかを示すもので、米国の投資家やプロの投資家が重視しています。
日本企業との比較では、米国の方がダントツに高いことが分かります。
金融商品取引業者 株式会社One Tap BUY 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会